Android端末の動作を軽くする簡単な方法

tablet-777653_640Android端末の動作を軽くする簡単な方法です。ゲームやアプリで動作が快適でない場合など、これらの設定を試してみて下さい。改善する可能性があります。

スポンサーリンク

Android端末の動作を軽くする簡単な方法

開発者向けオプションの表示

kaihatusyamukeopusyonn (1)Android端末の動作を軽くするためには、「開発者向けオプション」という項目を表示させる必要があります。しかし、これは通常の方法では見つけることが出来ません。

開発者向けオプションはいわゆる上級者向けの設定となっており、変にイジッてしまうとおかしくなる可能性もあります。そのため通常時では非表示になっているのです。

とはいっても今回設定する項目はさほど難しくないので、まずはこれらの手順で表示出来るようにしましょう。最初は「設定」画面から「端末情報」をタップします。

kaihatusyamukeopusyonn (2)ここでちょっと特殊な手順を踏みます。「ビルド番号」という項目を7回タップしましょう。これで開発者向けオプションを表示させることが出来ます。

kaihatusyamukeopusyonn (3)開発者向けオプションの項目の場所は、端末によって異なるようです。そのまま設定の項目にある人もいるみたいですし、私の場合は「その他の設定」内にありました。

kaihatusyamukeopusyonn (4)これで開発者向けオプションを表示させることが出来ました。次は、開発者向けオプションの項目を設定していきましょう。

開発者向けオプションの設定

kaihatusyamukeopusyonn (5)まずは「ウィンドウアニメスケール」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」の3つの項目を設定します。それぞれタップしていきましょう。

kaihatusyamukeopusyonn (6)私の場合最初は「1×」となっていましたが、これを「.5X」にします。数値が少ないほど負担が減りますので、とにかく軽くしたい人は「アニメーションオフ」にすると良いです。

これを「ウィンドウアニメスケール」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」の3つの項目それぞれに適用していきます。

kaihatusyamukeopusyonn (7)次に「GPUレンダリングを使用」「HWオーバーレイを無効」の項目にチェックを入れましょう。ゲームなどグラフィックを描画する際に、GPUの力を用いるどうかという設定項目です。

Android端末の動作を軽くする簡単な方法のまとめ

Android端末では、開発者向けオプションの項目を設定することで、動作を快適にさせることが可能です。ゲームアプリなどでカクカクする方は、試す価値ありです。

特にAndroidと相性の悪い白猫プロジェクトなんかは、お使いの端末にもよりますが、これらの設定で体感出来るほどスムーズになる場合があります。

ただし、元々性能の良い機種では効果が実感しづらかったり、古い機種などは相性の問題で動作が不安定になる場合があります。

その場合でも設定を元に戻せばいいだけなので、お困りの方はぜひ一度お試し下さい。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

フォローする