スマホやタブレットでラジオが聴ける!radikoアプリ

jsrtrsスマホやタブレットでラジオが聴ける、radikoアプリです。ラジオといえばノイズが付き物でしたが、インターネットを通しているので音質抜群で聴けます。

ラジオ好きな私のいち押しのアプリです。

スポンサーリンク

radikoアプリの使い方

radiko (1)radikoアプリの使い方は簡単で、聴きたい放送局をタップするだけです。ちなみに大人の事情で自分の地域内の放送局しか聴けません。そのためにGPSが要求されることになっています。

全国のラジオを聴きたい場合は、別途お金が発生する仕組みです。

ラジオの番組表が見れる

radiko (2)radikoアプリではラジオが聴けるのと同時に、番組表も見れるようになっています。左上の「番組表」をタップしましょう。

radiko (3)これで各番組表が見れます。こういう便利さはアプリならではですね。ちなみにradikoはインターネット配信なので、現実の時間より少し遅れて放送されています。

なので、時報などが流れても実際は過ぎていたりします。今後改善されるかもしれませんが、そこは注意しておきましょう。

オフタイマーを設定しよう

radiko (4)オフタイマーを設定しておけば、自動で停止させることが出来ます。私はいつも寝る時に聴いているので、これがあると便利です。まずは「設定」をタップしましょう。

radiko (5)「オフタイマー設定」をタップして次へ進みましょう。

radiko (6)15分、30分、60分、90分の中から、好きな時間をタップすれば設定完了です。寝付けない夜なんかもありますので、もうちょっと長い時間も設定出来ると嬉しいですね。

ラジオの苦い思い出

世間(特に若い世代)では、「ラジオを聴く=根暗」という認知のようで、私はわりと苦い思い出があったりします。

その偏見は凄まじいもので、「ラジオが好きでよく聴く」と言っただけで「気持ちが悪い」と言われたことがあります。ツバはいてやりました。

確かに私自身が気持ち悪いのは事実ですが、ラジオを冒涜することだけは決して許しません。

それから時を経て、嬉しいことにラジオ好きという方に初めて出会ったのですが、「何聴いてるの?FM?」と聞かれ「いや、AM。」と言ったらまた「気持ちが悪い」と言われました。

これまた「FM=オシャレ」「AM=根暗」という認識が、世間ではあるようです。もうどうしたらいいかわからなくてツバはいてやりました。

その後はAMラジオのお勧めの番組を教えたら、考えを改めてくれたのですが。

TBSラジオのJUNKがお勧め!

ということで、私の一押しはTBSラジオのJUNKという番組です。これは日代わりでパーソナリティが変わるという番組で、色々な変化を経て、現在はかなり磐石な配置となっています。

月曜日=伊集院光
火曜日=爆笑問題
水曜日=山里亮太(南海キャンディーズ)
木曜日=おぎやはぎ
金曜日=バナナマン

ラジオを聴いたことがないと「伊集院ィィ~ン?」なんていう態度をとる方が多いのですが、実際は”ラジオの神様”と呼ばれるくらい面白い番組を作る方です。

ちなみに私のお勧めは、金曜日にやっているバナナマンのバナナムーンという番組です。

ただしラジオのゴールデンタイムは深夜なので、JUNKは平日深夜1時~3時までの放送となっています。私は寝ながら聴くことが多いです。

録音したり、現在ではYoutubeでも聴けたりするので、興味のある方は一度聞いてみて下さい。

きっと自分の知らないところで、こんなにも面白い世界が広がっていたんだということが、わかって頂けるかと思います。

radikoアプリのまとめ

昔はラジオというと音質が悪かったり、電波が拾えなくて聴けない等ありましたが、現在ではスマホやタブレットで簡単に聴ける環境になりました。

ただしアプリだと、震災用としては微妙なのであくまで普段使いにして、緊急用には別途用意しておくと良いと思います。

今ではラジオを聴くのはだいぶ敷居が低くなったと思いますので、これを機にラジオを聴いてみてはいかがでしょうか。

アプリ名 radiko
対応OS gpy app
料金 無料

QRコード

 radikoqr
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

フォローする